デザイン・グラフィック・イラスト・ゲーム・CG・Web・ミュージック総合専門学校

進学相談・オープンキャンパスなどお問い合わせはコチラ フリーダイヤル:0120-59-1317
TOP >よくある質問

よくある質問

どんな学校?

▶ 横浜デジタルアーツ専門学校の特長を教えてください。

本校ではグラフィック、ゲーム、CG、Web、ミュージック、総合デザインの6学科で、さまざまな課題制作を楽しみながら制作することで、実力を身につけ、それぞれの業界で働くことをめざします。
特長としては...
(1) 確実に就職するための専門的な力をつけるとともに、幅広いカリキュラムで社会の求める人を育てます。
(2) インターンシップやコンテスト、また資格取得にも力を入れて取り組んでいます。
(3) デジタル表現を得意とするために、全学生にノート型パソコンをご用意しています(無償貸与制度)。


▶ 横浜デジタルアーツ専門学校の場所を教えてください。

1号館と2号館・3号館があり、どちらもJR、横浜市営地下鉄新横浜駅から徒歩すぐの場所です。 地図はこちら。体験入学などの会場である2号館と3号館は、横浜アリーナのすぐとなりに位置しています。校舎はデザインやエンターテイメントをめざす学校にふさわしい、独特の外観をもち、各教室には明るい陽射しが入り、クリエイティブな学び場として最適です。
地図はこちら
施設紹介はこちら


▶ 学校の雰囲気などを教えてください

横浜デジタルアーツという名前は、デジタル時代のさまざまな技術を使いながら自由にアートする創造するという学校を表しています。その名前のとおり、学生たちは毎日楽しくいきいきと、学校生活を送っています。同じことに興味、関心のある人たちが集まっていますので、それぞれが課題に積極的に取り組むことで、互いに刺激しあいながら有意義な時間を過ごすことができます。また、マンモス校と違い、それぞれの学生が互いの個性を理解しやすいことも本校の特色です。

オープンキャンパス


▶ 学生全員にノートパソコンが用意されるのですか?

本校では入学者全員にノート型のパソコンを用意して、無償貸与します。貸与といっても実際には自分専用のパソコンを自身で管理し、日常的に使用可能です。もちろん、自宅への持ち帰りも自由ですから365日いつでも自在に使えます。さらに卒業時には、記念品として贈呈し、新入生には新しいパソコンを用意します。
windowsノートパソコン→ゲーム科、CG科
Macノートパソコン→総合デザイン科、グラフィック科、Web科、ミュージック科
学校の特徴はこちら


キャラクターイラストコンテスト2015入賞者発表!

入学について

▶ 入学選考は何をしますか?

出願時に選択した入学方法によって異なりますが、面接と書類選考を行っています。出願者ひとりひとりに希望学科を担当する教員が面接を行います。面接内容は志望動機や学習内容の確認が中心です。入学前に専門的な知識は不要ですから、専門的ことを問うような質問はしません。
書類選考のみの学校も多いようですが、あえてご来校いただくのは、入学者ひとりひとりを大切にしたいと考えているからです。選考といっても、入学後のがんばりを期待し、将来の可能性をのばせるよう入学前から準備するためのものです。ですから、臆せず夢や希望を持ってのぞんでください。


▶高校推薦の基準はどうなっていますか?

高校推薦入学での 出願資格は次の(1)~(4)の基準を満たす方です。
(1) 高校卒業見込みもしくは高校卒業1年未満の方。
(2) 高校生活全体で90%以上の出席がある方(忌引、公欠等は除きます)。
(3) 本校の教育内容を理解し、勉学態度が良好で目的意識が明確な方。
(4) 校長・進路指導・担任いずれかの推薦を受けた方。 高校推薦入学の基準に該当しない方でも、自己推薦入学制度が利用できます。この自己推薦入学を希望する方は、本校で行われる体験入学や学校説明会にご参加ください。 自己推薦書を発行いたします。この自己推薦書には簡単な自己PRや本校に来校された際の感想などを記入します。高校推薦も自己推薦も全く同じ入学選考です。


▶遅刻や欠席が多くて、入学できるか心配なのですが。

高校での遅刻や欠席は少ないほうがいいのですが、多いからといって、入学できないことは決してありません。誰でも入学後のがんばり次第で、いくらでも伸びる可能性があります。ただし、遅刻欠席の多い方は、高校までの生活態度や習慣を改めて、自分の選んだ進路を後悔しないよう、せいいっぱい、がんばってください。
専門学校は短い期間により多くのことを身につける、専門的な学習内容が主ということもあって、入学後も遅刻や欠席が多いと十分な学習効果が得られなくなるので、入学後は遅刻欠席をしない心構えでのぞんでください。


▶どの入学方法を選べばよいのか、わからないのですが。

入学方法は複数あり、それぞれに出願資格があります。くわしくはこちら。もし、自分がどの入学方法に該当するのかわからない、複数の入学方法に該当するが、どれがよいかわからない場合は遠慮なく、お問い合わせください。


▶出願に必要な書類がわからないのですが。

出願時に入学方法からいずれかひとつを選択するのですが、この入学方法によって必要書類が異なります。また、最終出身学校からの書類(調査書や成績証明書、卒業証明書等です)が必要となります。くわしくはお問い合わせください。また願書等は学生募集要項を送料とも無料でお送りいたします。


▶高校を卒業していないと入学できませんか?

高校を卒業されていない方の場合は、次のいずれかの方法で入学することができます。
(1) 高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)に合格。
(2) 本校での入学資格認定審査(高校卒業と同等の学力を試す学力試験)を経て、出願資格を得る。


▶大学・短大生や社会人で入学している人はいますか?

毎年入学者数の1割ぐらいの学生が大学・短大卒業生や社会人を2~3年経験した方です。年齢差は多少ありますが、みなさん高校卒業後すぐに入学された方といっしょに、積極的に学習に取組まれています。


▶入学倍率はどれくらいですか?

本校では年間10回の入学選考を設け、出願の早い方から順次、入学選考を行い、入学が決まります。学科ごとの定員が埋まり次第、その学科は募集終了となります。したがって、入学倍率はほぼ1倍ということになります。例年の状況から10・11月中に出願予定で準備すれば、まず定員の心配はいりません。
また、出願受付開始後の出願状況については、随時お問合せください。


▶特待生制度や奨学生制度はありますか?

あります。特待生制度については、こちらをごらんください。
奨学生制度については、本校独自の岩崎学園奨学生制度(こちら)のほか、(独)日本学生支援機構の奨学生制度があります。 日本学生支援機構の奨学生は、高校在学中に予約しておく方法と本校入学後に申し込む方法があります。


▶学費の分割納入はできますか?

高校在学中に日本学生支援機構の奨学金を予約採用していること、(高校によって違いますが、卒業年次の5・6月に申込み締切が多い)入学金(20万円)をこと、この要件を満たした方は、残りの学費(教材費含む)を年間9回程度に分けて納入することができます。分割例はこちらをご連絡ください。


▶高校在学中に資格を取得していますが、入学に有利でしょうか?

本校では資格、コンテスト、課外活動など高校在学中の努力実績に対して、学費の減免が受けられる特待生制度を用意しています。くわしくはこちら。なお、コンテストなどの実績・内容についてはお問い合わせください。


進路選択について

▶入学前に何か準備しておくべきことはありますか?

専門的な学習について、特に準備しておくことはありません。もちろん高校生の方は卒業までしっかり高校での学習を行ってください。
また、これから出願しようという方はもちろん、合格された方でも体験入学や授業見学などで、自分自身の入学後の学習意欲を高めておくことをおすすめします。


▶何となく興味があるのですが、入学してついていけますか?

大丈夫です。でも、それを決めるのは自分自身だともいえます。進路決定にあたっては、自信をもって迷わず自分の進むべき道を選んだ人ばかりではありません。むしろ当初は、多少の迷いはつきものだと思いますが、「何となく」をぜひ、つきつめていってください。
まずは体験入学で、作品制作にチャレンジしたり、作品見学&学校説明会で学生作品をみたり、学生の話をきいてみてください。多くの入学生が、体験入学に複数回参加していることからも、最初の迷いを少しずつ自分の進むべき進路としての確信に変えていったことがわかると思います。


▶コンピュータ初心者ですが、大丈夫ですか?

安心してください。全くの初心者の方でもコンピュータを道具として使いこなしてもらえるよう、段階的にカリキュラムを組んであります。課題の工夫と、いつでも使えるひとり一台のノートパソコンを利用して、いつの間にか使いこなせるようになっていることと思います。


▶デザインについて勉強した経験がなくても大丈夫ですか?

全くの初心者の方でも学べるようカリキュラムを構成してあります。発想の仕方から形のとらえ方、色彩に関することまで、どの学科でも無理なく実習授業を通じてマスターできます。


▶ゲームなどのプログラミングを学ぶにあたって、数学が得意でないと無理ですか?

数学が得意である必要はありませんが、特にゲーム制作においては、アルゴリズムという論理的な考え方が必要となります。コンピュータはひとつひとつの命令を忠実に実行していきますので、そのためにはどの命令をどの順番に行うか、またどのタイミングで行うかあらかじめ正確に指示しておくことが必要です。このコンピュータに期待通りの動作をさせるための命令をとりまとめてプログラムと呼びます。高校までの学習とは違い、ゲームを作るという具体的な目標があり、また間違えば期待通りの動作をしませんので、むしろこうした学習(ゲームプログラミング)は楽しみながら身につけられることでしょう。


▶自宅にパソコンは必要ですか?

本校では入学と同時にノートパソコンを入学生全員分ご用意します。授業はもちろん、授業以外でもいつでも使うことができます。無償貸与という学習システムなので、パソコン本体の費用をあらためて徴収することはありません。さらに、卒業時には記念品として贈呈しています。学習で使用するほか、自宅への持ち帰りも可能なので、あえて購入する必要はないと思います。


▶楽器など音楽経験がありませんが、入学できますか?

安心してください。楽器の演奏経験などがない方でも学べるようにカリキュラムを準備していますので、きちんと授業に取り組んでいれば基礎力が身につけます。音楽が好きで、ぜひ音楽について学びたいという気持ちのほうが経験より大切だと思います。


オープンキャンパス・体験入学・学校見学

オープンキャンパスに参加するには事前に申し込みが必要ですか?

いいえ。事前に申し込みをしていなくても、参加できます。当日、突然来校されても参加できますので、安心してください。また、お友だちを誘って人数が増えてしまっても大丈夫です。体験入学以外のイベントも、もちろん大丈夫です。


オープンキャンパスに何回も参加しても構いませんか?

もちろん何回ご参加いただいてもOKです。特に体験入学は、入学後の学習が理解しやすいよう体験実習をいろいろ用意してあります。 興味に応じて自分の志望学科と違う内容のコースで体験入学に参加しても面白いと思います。スタッフも在校生サポーターも大歓迎です。


▶予定があって途中で帰りたいのですが大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。開始時に担当の先生に伝えてください。


▶どのオープンキャンパスに参加したらいいでしょうか?

本校では、進路を検討されている方に参考にしていただけるよう、さまざまな学校案内イベントを開催しています。特に体験入学では、学校説明や見学に加え、授業内容を体験する体験実習、在校生から直接、作品説明や学校生活などが聞ける時間も設けています。
また、作品見学&学校説明会は、説明と見学をバランスよく、短時間で学校内容がわかるしくみになっています。
その他にも、専門的な学習内容に興味がある人向けの各種セミナーも設けています。興味や都合に合わせて、どのイベントからでも参加してみてください。
また、保護者やお友だちを誘っての参加も大歓迎です。

オープンキャンパス


▶オープンキャンパスの服装は自由ですか?

特に決まりはありません。制服・私服どちらでもOKです。(制服での参加を指定している高校もあります)
校舎を案内したり、実習したりしますので動きやすい服装でご参加ください。


▶友だちがつきそいとして参加しても構いませんか?

もちろんOKです。歓迎します。保護者の方もぜひ一緒にご参加ください。


▶授業見学はできますか?

もちろんできます。授業の様子を見学していただくことは、普段の学校生活を知るうえでも、大いに参考になると思います。授業は平日月曜から金曜の午前9時から午後3時30分までです。この間であれば、いつでも教室の中まで入って、見学できます。(定期試験は除きます。)
入学案内センタースタッフが授業を案内いたしますので、気軽にご来校ください。当日でも構いませんので、あらかじめご連絡をいただけると、助かります。


▶メールで質問をしたいのですが、どのように書いたらいいですか?

かたくるしいあいさつなどは要りません。質問したいことをそのまま送っていただければ、かまいません。できるだけ、早めに返信します。また、携帯電話からのメールには、なるべく短い文章でお答えするようにしておりますので、ご安心ください。


学校生活について

▶授業は何時から何時までですか?

1時限目の開始は9:00です。1時限の授業時間は50分で、1日6時限と7時限の日があります。
1時限目9:00~9:50、2時限目10:00~10:50、3時限目11:00~11:50、4時限目12:40~13:30、5時間目13:40~14:30、6時間目14:40~15:30、7時間目15:40~16:30までとなります。


▶昼食はどのようにしていますか?学生食堂などはありますか?

本校1号館、2号館ともに、学生ホールを兼ねた学生食堂があり、格安でランチを提供しています。もちろん持ち込みもOKなので、お弁当持参派の方もコンビニ利用派の方も学生食堂を利用する方が多いようです。ちなみに昼休み以外の放課後は、ランチタイムは終了していますが、学生ホールとして自由に利用できます。2号館は無線LAN設備があり、ノートパソコンでインターネットを楽しみながら、友だちとおしゃべり、といった使い方も可能です。


▶卒業までにどのくらい学費がかかりますか?

学科を問わず、初年度は1,196,000円です。2年次以降は996,000円です。
学費納入は2回の分割納入になっています。合格後、指定期日までに、780,500円を納入し、1年次の後期415,500円を納入します。2年次以降は指定日までに前期580,500円を納入し、後期415,500円を納入します。いずれも学校から指定口座への振込用紙をお送りいたします。
また、学費とは別に教材費が別途必要となります。実習等で使う教材などを学校で一括で揃え、年額を5月までに納入していただくようご案内します。各学科、コースによって異なりますが、1年次は10数万、2年次以降は1年次より少額となります。くわしくは学生募集要項をご請求いただくか、お問い合わせください。


▶高校の文化祭のようなものはありますか?

毎年10月末に学生作品の展示・模擬店等のもりだくさんの内容で「学園祭」を開催しています。今年も開催しますので、ぜひご来校ください。

オープンキャンパス


▶クラブ活動やサークル活動はありますか?

現在、イラスト部、バスケットボールのクラブ活動などがあり、学校の体育館を使用して、練習に励んでいます。在学中に好きな人たちが集まって、新たなサークルやクラブをつくることも可能です。


▶男女比はどのくらいですか?

年度により異なりますが、概ね、全体では5:5ですが、学科により男女比は異なります。グラフィック科では約3:2の割合で女子学生が多く、逆にゲーム科やCG科などは男子学生が多くなっています。


施設など

学校の施設はだれでも利用できますか?

2号館、1号館ともに学生は無料で施設を利用できます。2号館には体育館、1号館、2号館には屋上テニスコートがあります。また、横浜駅西口にある姉妹校、横浜fカレッジの屋上フットサルコートも利用可能です。これらの施設の利用にあたっては、安全上の理由から、事前に予約をして利用していただいています。その他に、低料金で利用可能な箱根研修所など研修施設があります。


▶学生寮はありますか?

姉妹校とあわせて岩崎学園グループ校の各学生が利用可能な女子寮があります。JR東神奈川駅と東急東横線東白楽駅の2駅が利用可能です。JR東神奈川駅へは徒歩8分。乗り換えなしで、学校まで約30分程度です。その他に指定学生寮や推薦学生会館があります。学生寮は管理人が常駐しているので、日常生活や具合が悪くなったときなども安心です。
学生寮などの詳細はこちら


通学・住まいなど

▶ひとり暮らしをしたいのですが。

信頼できる不動産店をご紹介しています。地理的希望や予算などに合わせて、アパートやマンションなどを案内しています。
横浜での一人暮らし応援しています


▶新幹線での通学は可能ですか?

はい。可能です。たとえば三島駅からは約40分くらいの所要時間で、1ヶ月の通学定期は55,160円です。生活費などを考えるとひとり暮らしより経済的で安心です。


▶バイクや自転車での通学はできますか?

駅から徒歩圏内であることと、交通安全上の理由からバイクや自転車での通学は認めておりません。


▶学割は利用できますか?

はい。利用できます。通学定期や学割など利用可能です。


授業・学習内容について

▶提出課題、宿題は多いですか?

本校は家に持ち帰って行うことを前提とした、いわゆる宿題はありません。また、提出課題は授業のなかで行うことを前提としていますので、授業以外で残って行わないと終了しないような課題制作はありません。ただし、例外的にインターンシップでの作品制作やその打ち合わせ、コンテスト出品作品の制作は個々のケースにより違いますが、授業以外の時間に行うこともあります。


▶専門的な授業ばかりだと思うのですが、授業はむずかしいですか?

基礎から段階的に専門的な内容に入りますので、決してむずかしいとか、ついていけないということはないと思います。1年生の前期は身近なテーマや課題で興味を深めながら、基礎教育を行っていきます。1年生の後期には、すでにかなりのことができるようになっていると思います。遅刻、欠席をしないで、きちんと課題制作にとりくんでいれば、楽しみながら実力がつけられますので、安心してください。


▶資格や検定試験の対策はありますか?

各資格検定によって異なりますが、授業時間内に資格対策講座を行うものや、放課後・夏休み期間等に行うものもあります。いずれにしても各科の目標資格をしっかりとれるよう資格対策を実施しています。


▶1クラス何人ですか?

基本的に1クラス40名としています。


▶担任制ですか?

担任制です。学習や学生生活、就職に関することなど何でも相談できますので安心してください。


▶異なる学科の人たちといっしょに作品をつくったりすることがありますか?

はい、あります。たとえば、ゲーム音楽をミュージック科の学生がつくったり、ミュージック科の作品のCDジャケットをグラフィック科の学生がデザインしたりなど、学科を超えたコラボレーションが楽しめるのも、本校の特色のひとつです。


▶専門学校を卒業すると、専門士という称号が与えられるときいたのですが?

「専門士」は一定条件を満たした専門学校を卒業した者に対して授与される称号です。2年制の専門学校を修了すると短大卒と同等の学歴とみなされます。本校でも、卒業者は専門士という称号が与えられます。


就職について

就職指導はどのようになっていますか?

本校では早期より就職ガイダンス・適性検査・面接の練習等の指導を徹底して、就職活動本番に備えます。また、ひとりひとりに対するきめ細かな対応と情報提供で、就職内定までねばり強くバックアップします。また、保護者の方にも就職説明会を実施しております。
詳しい就職指導・実績はこちら


▶就職対策におけるポイントは?

本校では有意義な就職活動が実施できるように以下を活動ポイントとして指導しています。
(1) 作品指導、コンテスト対策
(2) インターンシップ
(3) 就職面接指導
(4)資格取得
これらは、学生としての実力を客観的にPRできるわかりやすいポイントとなります。もちろんどれかひとつが欠けたら就職ができないということはありません。学校としてはひとり一人をねばり強く就職サポートしますので安心してください。
詳しい就職指導・実績はこちら


オープンキャンパス


まずは資料を請求してみよう!
学校案内パンフレット無料配布しています。

キャンパスライフ
横浜で学ぶ
学費関連

進学のご相談・お問い合わせ

学校や分野のこと、入学方法・学費についてなど各種ご質問を 承っております。
下記フリーダイヤル及びお問い合わせフォームより
お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル:0120-59-1317 受付/平日 9:00~17:00(土日・祝日・年末円しを除く)